ジュエリー、何故女性は好きなのでしょう。

女性の?そうばかりでもないですね。

その昔、男性の王侯貴族はジュエリーやステキなレースも好んで着けていた時代がありましたから、決して女性だけのものではないですね。

2022年に東京赤坂で開催された、

「メンズ リング イヴ・ガストゥ コレクション」では、17世紀から現代までの男性の指輪が多数展示された展覧会でした。

今でこそ女性用のジュエリーの影に隠れていますが、リングだけでなくメンズジュエリーは長い間、至極当たり前のものとして着用されていました。

メンズジュエリーは単なる装飾品ではなく、社会的また文化的な印であり、権力を誇示する道具であり、コミュニケーションツール、もちろんファッションアクセサリーでもあり、象徴的な機能と装飾的な機能を兼ね備えていました。

近代ではすっかり女性のモノとなったジュエリーですが、

かつての日本は、

古代から花や草で頭を飾る髷華(うず)という風習はあっても、ジュエリーと言われるものは太平洋戦争までなかったと、ご存知でしたか?

その中でも、髪飾りとなるカンザシ細工や刀、武具の飾り細工はありましたが、着飾るジュエリーは天皇(冠は象徴なので除きます)公家、幕府関係ですらもありませんでした。

時代劇を観ても、イヤリングやブレスレットをしている女性は皆無です、

全く消えた存在でした。

古代中国の文化的影響を受けていた日本ですが、ココばかりはスルーしたのは不思議。

器用な日本人、本気を出せばたちまち高品質を作りだすのに、なぜかジュエリーには関心がなかったようです。

 

その理由はこちら↓

ART& PEARLS/パールでたどる世界史:日本からアクセサリーが消えた理由①飛鳥1

歴史的はともかく、

現代において、街ゆく女性たちからジュエリーが消えたと私が思ったのはこの間のパンドミック。

マスクをすれば、イヤリングは邪魔になり、何となくK18の一粒ダイヤのネックレスをするくらい、いえそれすらも傍らに置かれていたのでは?

別になくてもいいぐらいのジュエリー。それよりもコロナに感染しないようにと、命に関わることに人々は戦々恐々でしたね。

当時、電車に乗ると中はがらがら、女性の姿はありましたが俯くような面持ちからは、ジュエリーを着けて颯爽と、はもう昔のことのように思えたのでした。

まるで、街からジュエリーは消えてしまったかのようでした。

あの直前までは、天然石のネックレスのご依頼もありまし、ビーズのネックレスは人気でした。

でも、あの日を境に、女性たちはミニマルを知ったかのように、飾ることへの希望も興味も持たなくなったと感じるようになりました。

世の中が非常事態に陥ると姿を消すジュエリー。心に余裕がなければそれを着けている理由がなくなるのだと眺めていて実感したのでした。

でも、最近、世の中が落ち着いてきたせいか、女性は少しずつジュエリーを手に取り着用しようという気持ちになってきたように感じます。

ただ、ミニマルを経験し、本当に心地よいものを取捨選択をする時代に移ったのかもしれません。

単にモノの価値というより自分の価値を大事にする、そんな時代へと移行しているのでは?

 

平和でなければジュエリーを身につけることもなく忘れられてしまう。

ジュエリーを着けられるということは、世の中が平和である証拠。

近頃の賑わいを見て感じます。

自分に似合うお気に入りのジュエリーを着けて楽しみ、そんな時間を愛おしみ、豊かな時を味わう。

心に余裕があって世の中が平和であるからジュエリーを身に付ける余裕が生まれます
ということは、逆にいうと「ジュエリーを身につけることで、心に余裕(平安)が訪れる」といえるかもしれません。
ご自宅に、ひっそりと出番を待っているジュエリーはないでしょうか?
あなたの時間に寄り添い、あなたの心に平和な時間をもたらすジュエリーを製作、リフォームいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です